You Must Be Avalokitesvara


Since my childhood, I have never liked choosing a certain side.

Because I always want to be neutral.

When I was in junior high, a girl in the same grade said to me, 'Taiyo, you are like Avalokitesvara (Goddess of Mercy / Guan Yin).

Funny.


When we look at something as an enemy or just contrary, we inevitably give it energy.

It could be fear or anxiety.

Those kinds of energy.

And because we give it energy, that subject becomes greater and greater.

A very simple structure.

So we actually give them energy by saying 'He is an asshole.'

As I learned the mechanism of energy, things have become much clearer.

It's quite clear to me when I see the reaction of people towards the presidential election.


That is why I feel that focusing on ourselves is very important now.

Because I want the world to be amazing, I've been focusing on my things.

I don't put myself on anybody's side.

The neutral position.

Actually I'm not saying that not putting yourself on anybody's side is good.

But I feel that when you really focus on your things, after all you will become neutral.

Everyone is Avalokitesvara.

Some might say that I only think about myself or I should think more about the world.

But I realized that I didn't want to proceed the same way as before.

That is why I am directing the consciousness to my things.


It is scary to change the way that we're used to.

I understand that too.

But I feel what we should change the most now is not the society but ourselves.

I'm sure the kids nowadays are aware of this.

So there will be more and more of those people in this world.

What kind of world can we see when the kids now become adults...


Taiyo


僕は子供の頃から何かの側に立つことが得意ではない。

いつも中立でいたいと思っているから。

中学生の頃、ある同級生の女の子が「太陽くんて観音様みたい」と言った。

笑い話。


何かを敵や相反するものとして見てしまうと、どうしてもそれにエネルギーを与えてしまう。

恐怖だったり、心配だったり。

そんなエネルギー。

そしてエネルギーを与えるから、その対象がより強大なものへと変化していく。

とてもシンプルな構造。

「あいつは最低だ」と言いながら実は自分でエネルギーを与えている。

エネルギーの仕組みを知ってから、そんなことがとてもクリアに見えてきた。

大統領選に対する人の反応を見ていても、そのことが僕にはとても明らか。


だから自分のことに集中するのが今はとても大事だなと感じる。

素敵な世界にしていきたいから自分のことをやる。

誰の側にも自分を置かない。

中立。

誰の側にも付かずにいることが良いと言っているのではない。

ただ、自分のことに集中していると、結局中立になるんだなと思う。

みんな観音様。

自分のことしか考えていない、もっと世の中のことを考えて、と言われることもあるかもしれない。

でももう僕は今までと同じやり方では進みたくないと思った。

だからとことん自分のことに意識を向けようと思った。


やり方を変えるのは怖かったりする。

それも理解はできる。

でも今一番変えるべきは世の中ではなく、自分なのだと感じる。

きっと今の子供たちはこのことに気がついているんじゃないのかな。

だからそんな人たちがこの世界にどんどん増えていく。

今の子らが大人になる頃、いったいどんな世界になっているんだろう…。


太陽


Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic