Returning to the Nature / The Last Episode


I was able to pursue "myself" and spent a quite precious time throughout this year.

In a way, it was the most important time in my life so far.

More and more I was able to return to the nature of myself.

I wasn't good originally at criticizing someone or something.

I wasn't good at hating somebody.

By stopping striving and unnatural things, my days have become much more peaceful.


When we stop the unnaturalness, only our true nature remains.

Therefore it is retuning to the core of you.

And you will be able to understand that you have become a part of nature.

When I became that state, what I experienced was the freeing of art.

It wasn't the art that suits society, it is the art which is just natural to myself.

It was something for which I did not use my head.

It made me want to sing too.

Melodies just fell on me without trying.

Without trying, words just keep coming out like a spring.

It is a time of bliss.

When people return to their nature, their lives themselves just become art.


I began writing this blog on January 1st this year.

Because I sensed that this year would be interesting.

In fact it has been.

And I've experienced a lot of transformation and realizations throughout the year.

I think those have hugely influenced the way of life for me.

I've cherished writing this blog very much for one year, but I want this time to be the finale.

Actually I am considering to communicate in a different way.

If I want to write again someday, I may write again.

But I want to experiment with different ways and different art now.

I would like to leave this blog for a while, as the changes in my work brought about by the transformation of my consciousness may be of some help to the younger generation in particular.

Returning to the nature of myself is the most important realization for me in this year.


Taiyo


今年は1年を通して「自分」を追求するというとても貴重なときを過ごした。

ある意味、今まで生きてきた中で最も大切な時間だったかもしれない。

その中でどんどん自然に戻っていくことができたように思う。

僕は誰かや何かを批判することが元々得意ではなかった。

誰かを嫌いになることが得意ではなかった。

無理をしなくなって、不自然をやめていって、毎日がより穏やかになっていった。


不自然をやめていくと、ただただ自然だけが残る。

それはつまり自分の中心へ還ること。

そして自然の一部であることをしっかりと認識することができる。

そうなったときに僕が体験したのは、アートが解放されていくということ。

世の中に合わせたアートではなく、ただただ自分にとって自然なアート。

頭で考えたものではない何か。

歌も歌いたくなる。

自然とメロディーが浮かんでくる。

考えることなく言葉もどんどん湧き上がってくる。

至福のとき。

人は自然に戻っていくと、生き方が、人生が、アートになっていくのだと思う。


僕は今年の1月1日にこのブログを始めた。

きっと面白い1年になるはずだと感じたから。

案の定そうなった。

そして1年を通して、いろんな変化や気づきを体験した。

そういったことが自分の生き方にも大きく影響を及ぼしたように思う。

1年間とても大事にしてきたこのブログだが、文字での記録は今回で止めようと思う。

他の発信の仕方も検討はしている。

いつかまた書きたくなったら、また書くときがくるかもしれない。

でも今はもっとあらゆる方法やアートを実験したいと思っている。

自分の意識の変容がもたらした作品の変化は、特に若い世代の人たちの何らか役に立つかもしれないので、しばらくこのブログは残しておこうと思う。

自然に戻ること、それがこの1年で僕にとって最も重要な気づきだった。


太陽


Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic