top of page

A Letter to Love



“Love will come on its own. You don’t have to do anything, it is a spontaneous flowing,”


Osho said.


It means that we are able to experience the state of love in a certain climate which is meditation.

During the continuous meditation process, I myself was able to accept the various events that happened to me, the emotions I did not want to face, and all the things I never was able to forgive as just experiences.


I believe that we have those experiences when we touch love.


There might be people who immediately feel shy when they hear the word “love.”

I used to be one of them.

However, during the process in which I really observe myself, opening to love was unavoidable.

My new water and paint experiment series “Love” is now on sale on this website today.

When you see the title, you might have an impression that these works are my expressions of love.

However, I’d rather say that they emerged naturally from my process of looking into love.


Pouring paint dissolved in water into clear water, I allow the earthly elements such as gravity and time to complete the work.

My main purpose is observing and documenting the interactions of the paint and the water with photography and video.

Just like that, I exist simply to witness the process of how the works complete.

Then I receive what emerges after the water dries.

I call the series “Love” because instead of making these works, I feel rather that they are given.


And like flowers, the works that come out are perfect just as they are.

During this creation process there is no voice of ego saying “I want it to be more this way”.

Probably because the voice of ego has gently melted away in the process of looking into love within myself.


In this current state, I feel it is meaningful to spend time looking at the theme of “love.”

It is a time to feel and talk about love.

It is a time to be tender.

I am genuinely grateful that I am able to be that way with myself.

Everyone wants to touch love.

So, we can stop our habit of constantly focusing on the difficulties of everyday life and the problems of society and let ourselves touch love.

This kind of caring for ourselves will realize and release in some way, and as a consequence it radiates kindness to others.

I believe that everyone knows this in a deeper place in themselves.

We have just forgotten about it.

We might have forgotten the sensation of love, in order to know it once more.


We actually don’t have confidence towards love.

Since we have been living in the world of mind, we only want to choose “correct things.”

Ego does not like the things it does not understand.

It does not like to make mistakes.


Love naturally springs up from within when we accept ourselves and the events that we couldn’t forgive.

If we feel ourselves who are forgiven by ourselves, then anything that comes out of us, whether they are words or actions, are just love.

And we call those things which are crystalized waves of love “art.”


Taiyo




『愛に寄せて』



「愛はひとりでに起こる。あなたは何をする必要もない、それは自発的な開花だ。」


とOshoは言葉を残している。


瞑想という風土の中で、人は愛の状態を体験することができるということである。


僕自身、瞑想を続けていく過程で、これまで自分自身に起こったあらゆる出来事、直視したくない自分の中にあった感情、これだけは赦してはならないだろうと思っていたことなどを、それらもまた体験だったとして包み込むことができた。


愛に触れるとそのような体験をするのだろう。


「愛」と聞くだけで、反射的に恥ずかしさが湧いてくる人もいるかもしれない。

僕自身が以前そうだった。

しかし僕が自分としっかり向き合っていく過程で、愛を開いていくことは避けられないことだった。


今日からこのサイトで、水と絵具の新しい実験観察シリーズ『Love』の販売を開始した。

タイトルだけ見ると、僕が愛を表現した作品という印象を得るかもしれない。

しかしながらこれらの作品は、僕が愛を見つめていく過程で自然と生まれていった作品たちという方が正しいだろう。


水の中に、水に溶かした絵具を流して、重力や時間という地球的な要素に作品を完成していただく。

僕は専ら、絵具を水に流し込んだ後、写真や動画で流れを観察、記録することを目的としている。

このように、僕自身はただ作品が完成していく過程に立ち会うという形で存在し、時間が経って、水が乾いた時にもたらされるものをただ受け取る。

作るというよりは与えられる作品ということから『Love(愛)』と名づけている。


そしてまるでそこに咲く花のように、生まれてきてくれた作品は完璧さそのもの。

「もっとこうであってほしい」というようなエゴの声が、この制作過程からは自然と聞こえてこない。

自分の中に在る愛を見つめていきながら、自分自身にもっとこうあってほしいというエゴの声がさらっと溶けていったからかもしれない。


自分自身がこのようなタイミングだからこそ、愛を見つめながら時間を過ごす意味があるような気がしている。

もっと愛を感じ、語る。

そんな柔らかな時間。

そんな自分になれたことが素直にありがたい。

本当はみんな愛に触れたいのだ。

だから日々の苦しみや社会の問題を見続けようとする習慣を止め、自分を愛に触れさせてあげる。

そういう自分への労りが結局何かしら具現化されたり、表現されることで、結果的に他にやさしさを届けることとなる。

深い所ではみんなそのことが本当はわかっている。

忘れているだけ。

愛を知るために、愛の感覚を忘れたりするのかもしれない。


きっとみんな愛というものに対して自信がないのだ。

思考の世界で生きてきたからこそ、正解だけを選んでいきたいと思っている。

エゴはわからないものを嫌う。

間違いたくないのだ。


しかし愛は、赦せない自分や出来事を受け入れ包み込んであげられれば自然とただ湧いてくるもの。

私に赦された私で在りさえすれば、言葉であれ、行為であれ、その人から出てくるものはただ愛なのだと思う。

そして愛の波が結晶化したものを「アート」と呼んだりもするのだろう。


太陽


Bình luận


Featured Posts
Check back soon
Once posts are published, you’ll see them here.
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page