Rain is a Blessing


It was raining on Friday and Saturday this week.

So when I talked to people on those days, I heard something like "It's raining but fortunately I can..."

Because we have an image that rain is not a good thing or something inconvenient.


Actually, there was a fire in my neighborhood Friday night.

Many fire trucks and police cars came but the fire stopped before it became a big trouble.

"Rain is a blessing" indeed.

There are cases that rain helps us.

But in this contemporary society rain is just something inconvenient.

We tend to focus on something more negative.

Moreover, because the people who have prejudices that "rain is a bad thing" write stories, it is propagated.


In this reality we experience what we focus on.

So, you can have quite different experiences in a day when you wake up in the morning thinking "It's raining. How depressing,,," or "It's raining. What a blessing."

It might actually be an interesting experiment to feel the difference by yourself.


It's clear and sunny today in New York.

Because the rain cleansed the air, it looks clearer.

Today I am grateful to be able to touch the beauty of the sunlight after the rain.


Taiyo



今週は金曜と土曜は雨が降っていた。

だからその日に人と会話をするとき、「雨だけど幸運にも私は、、、」みたいな話し方を耳にした。

雨は良くないこと、都合の悪いこと、そんなイメージだから。


実は金曜の晩、家の近所で火事があった。

たくさんの消防車やパトカーが駆けつけていたが、大事には至らなかったようだ。

まさに「恵みの雨」。

雨が救ってくれる場合もある。

ただ現代社会では、雨は不便なものというだけ。

ネガティブなことの方に意識が持っていかれがちなだけ。

さらに「雨は良くないもの」という刷り込みのある人が物語を書いたりするものだから、それが伝播している。


この現実では焦点を当てたことを体験する。

だから、「あぁ今日は雨か、、、」と思って朝起きる場合と、「恵みの雨だ」と思って朝起きるのとでは、その日の体験も随分違ってくるだろう。

違いを自分で感じてみるのも面白い実験になるかもしれない。


今日のニューヨークは快晴。

雨で清められたからこそ、空気がよりきれいに感じる。

今日は、雨が去った後の光の美しさに触れられることに感謝。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic