We Can't Change the World


The same thing that reminds us of the past is happening again.

Why is it happening?


It's not because there is racism.

It's not because there is evil in the world.

It's because we react the same way all the time.

There is no standard of rightness that we all share in the first place.

There is only one's sense of rightness.

Therefore, there is no justice for the entire society.

And there is always the existence that we have to fight against the antipode of justice.

That is injustice.


Can we realize?

When we brandish the sword of justice, at the same time we allow injustice to exist for us to slash ourselves with too.

You don't grow justice because there is injustice.

Because you have justice in you, injustice exists.


Do you realize?

The wall in front of us is not a target that we should go ahead to.

Because we try to force ourselves to destroy the wall, it will never disappear.

Even if you keep destroying it, after a while a new wall will just appear.

We'll just keep repeating it.

So we just make ourselves tired.


Haven't we repeated that enough?

Haven't we learned from it enough?

Isn't this a time for us not to be blaming somebody?

Isn't this a time for us not to be fighting for justice?

Isn't this a time to forgive?


We must have already understood that we can't change the society or world.

Because we've kept changing the society over and over again.

We can't change the outside world in the first place.

What you can change is only yourself.

And when you change, naturally the world you live in will change.

The stubborn wall will become softer and naturally start to flow.


Do you wish peace, or do you wish to keep fighting triggered by anger and fear?

It doesn't matter what you choose.

Because after all there is no such thing called 'the right choice.'

But if you wish peace, then you become an existence of peace first.

Don't make problems by yourself.

Don't create the wall by yourself.

What do you wish?

Now is the time to ask yourself what you wish, trusting yourself who lives in a new world.


Taiyo



過去と同じようなことがまた起こっている。

それはなぜか。


それは人種差別があるからではない。

世の中に悪があるからではない。

我々がいつも同じ反応をするからだ。

皆が共有する正しさなどそもそもない。

自分にとっての正しさがあるだけ。

だから社会全体が共有する正義もない。


気づけるだろうか。

正義を持つことは、悪をも自分で存在させているのと同じだということに。

悪があるから自分に正義が芽生えるのではない。

自分の中に正義があるから悪が存在しているだけ。


気づけるだろうか。

目の前の壁は立ち向かっていく対象ではないということ。

その壁を無理矢理壊しに行こうとするからいつまで経ってもそれは無くならない。

壊しても壊しても時が経てばまた新たな壁が現れるだけ。

その繰り返し。

だから疲弊する。


もう十分にその繰り返しはしてきたのではないか。

もう十分にその学びはやってきたのではないか。

誰かを責めている場合ではないのではないか。

正義のために戦っている場合ではないのではないか。

許していくときではないのだろうか。


何度も何度も社会を変えようとしてきたからもう理解しているはずだろう。

自分には社会も世界も変えられないということを。

外の世界は変えられるはずがないから。

自分が変えられるのは、自分だけ。

そして自分が変われば、完全に生きる世界が変わっていく。

頑固な壁も柔らかくなり、自然と流れて行く。


平和を願うのか、それとも戦い続けたいのか。

選ぶのは何だって構わない。

正しい選択というものすらないのだから。

しかし平和を願うのであれば、自分がまず平和の存在になる。

自分で問題を作らない。

自分で壁を作らない。

何を自分は願っているのか。

今こそ自分に問いかけてみるときではないだろうか。

新たな世界に生きる自分を信頼しながら。


太陽


Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic