Stars on a Whim


I was staying in the countryside for twelve days.

I thought that artists are unfortunate in a way because although the world is in this situation they can keep doing the life until now without something stopping them.

It's possible to create in any circumstances.

Therefore, I decided to do nothing during my stay in the countryside.

I stopped my 'life until now.'

I did a bit of house chores, but besides that I was just spending lazy times.

The art materials that I brought just in case sat unused and bored by the bed.


My favorite thing to do in a day there was gazing stars at night.

While watching the stars every night, I understood 'I see'.

The fact that here isn't the only place.

Because there are that many stars we can see only with the unaided eyes.

It's infinite.


There was a moment while watching the stars when I thought 'I used to enjoy watching the stars very much'.

I totally forgot about what I really enjoyed.

I just had immersed myself that much into society somehow.

Sometimes I was told 'as a member of society...' by people.

I allowed myself to think that society was something more important than myself.

Even though since childhood I had known that without myself, not only society but everything would just disappear.


The stars made me realize a lot of things in those several days.

I was able to organize much.

Now, I want to live from now somewhere I can watch the stars.

Because I feel like I can live just as I am peacefully.

To always be conscious of not just here or this.

Not to forget we are infinite.

My capricious idea.

The moon was smiling.


Taiyo



田舎に12日間滞在していた。

アーティストがある意味不幸だなと思ったのは、世界がこういった状況であるにも関わらず、何にも止められることなく、ある程度今まで通りが続けられること。

創作はどんな環境でもできるから。

だから田舎にいる間、思い切って何もしないでみた。

「今まで通り」をストップさせてみた。

少しの家の手伝いだけをやり、あとはただダラダラと時間を過ごす。

いくつか持ってきた画材がベッドの側で胡座をかきながら暇そうにしていた。


そこでの毎日の楽しみは夜空に輝く星を見ることだった。

毎晩星を眺めながら「そうだよな」と納得する。

ここだけではないという事実。

肉眼で見えるだけでもこれだけたくさんの星があるのだから。

無限なのだ。


「星見るのほんと好きだったな」と、たくさんの星を見ながらふと思った瞬間があった。

自分の好きだったこと、すっかり忘れてしまっていた。

それくらいなんだか社会ってやつに没頭していた。

「社会人として、、、」なんて時々言われたりもして。

社会を、自分より何か大事なものだと思い込んでいた。

自分が無くなったら、社会どころか全部無くなってしまうこと、子供の頃から知っていたのに。


星にたくさん気づかされた数日間。

いろいろ整理ができた。

今は、星のたくさん見えるところでこれからを生きられたらと思っている。

安心して自分らしくいられそうな気がするから。

ここだけ、これだけ、ではないことを意識していたいから。

無限であることをもう忘れないために。

こんな気まぐれ。

月が笑っていた。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic