Reset Myself


There are prejudices that I've kept doing like 'It is what it is.'

Actually there are many.

When one of my close friends passed away in May, because we couldn't have a funeral, I even thought if a funeral is necessary.

Like 'For whom we are doing this?'

There are many of those things.

I didn't even wonder about those things before, so for me COVID has been a good opportunity to realize.

The word 'reset' came up in mind.


If you comprehend what is happening right now with fear, you might have an experience that you can't live anymore.

But this can be the starting point of an opportunity to reselect, or an opportunity to celebrate different ways of living.

After all we can choose our experience ourselves.

What do we want to feel everyday?

You can quit the things that don't suit the current you.

You can free yourself who believes that you have to keep doing it.

'Can' is the key point.

Because 'I must free myself' is also unfree.


I think that reset is like being able to listen to the voice within you.

Until last year I had a lot of opportunities to come into contact with media.

But especially because I stopped doing it this year, I'm able to have more time to listen to my voice.

Because it allows you to stop reacting.

I see how my art changes clearly as my consciousness changes now.

If you focus on the voices outside, it is impossible to listen to your voice within.

But when you notice yourself looking outside so much, simply reset.

There's no point to criticize yourself.

Just simply reset.


Taiyo



それはそういうものだ、と思い込んでいてやり続けていたものがある。

たくさんある。

今年5月にとても親しくしていた友人が亡くなったときは、葬儀ができなかったので、

葬儀はやるべきものなのかということすらふと思った。

一体誰のためにやってるのかな?って。

そんなことがいろいろある。

そういったことは普段不思議にも思わなかったので、コロナは気づきの良い機会になっている気がする。

「リセット」という言葉が思い浮かぶ。


今起きている変化を恐怖で捉えたら、もう生きていられないような体験を得られるかもしれないけれど、

これは選び直す機会だったり、より様々な生き方が祝福される出発点であってもいい。

体験は自分で選べるということ。

何を感じて日々を過ごしたいだろう。

今の自分に合わないものはやめてもいい。

やり続けなくてはと思っている自分を解放してあげてもいい。

「〜てもいい」というのがポイント。

「解放してあげなきゃ」もまた不自由。


リセットとは、自分の内なる声に耳を傾けられることかもと思う。

僕は去年くらいまでメディアに触れる機会がとても多かった。

でも特に今年はメディアに触れる機会を減らしたおかげで、自分の声を聞く時間がより持てるようになった。

反応の生き方ではなくなったから。

自分の意識の変化と共に、自分のアートもどんどん変わっていくのが目で見てわかる。

外の声に焦点を当てると、うるさくて自分の声なんて聞こえやしない。

でももし外を見ている自分に気づいたらすぐにリセット。

自分を批判しない。

ただリセット。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic