Living In An Important Time Together


There is something I'm happy about after I started to express myself genuinely like this.

It is that there are people who sympathize with it.

I'm not writing to please somebody or to be conscious about somebody.

I'm just expressing my true feeling here on my blog.

So I feel that even though we live in different places and have different bodies, we are experiencing the same kind of things.

I'm very grateful for that.


There were times when I was not able to say 'thank you' genuinely.

And I thought that I might have not have a feeling of gratitude.

But I naturally feel 'thank you' now.

I can't express that feeling with words well.

But I feel that we are living in a quite important time.

And when I feel that there are more people with that consciousness, I feel more courage.

I never thought that I could experience this with anyone together.


Until now only certain people called experts or famous people had opportunities to say something, but I really feel that those times have already ended.

All the people are living in an important time and feel something.

So the genuine transmission of individuals is precious itself.

Each individual is precious, and I believe that the experiences and feelings of the individuals who have found preciousness in themselves will inspire courage in those who find it difficult.


There is no time to envy somebody.

There is no time to criticize somebody who can say whatever they want.

It doesn't have to be sophisticated.

Just cherish what's in you and show it.

There is no mistake.

I wish we can enjoy our lives together more.

Taiyo

こうやって自分の感じていることを素直に表現し始めてうれしいなと思うことがある。

それは共感してくださる人がいること。

誰かを喜ばせようとしたり、意識したりしてここに書いているわけではない。

ただ素直な気持ちの表現がこのブログ。

場所は違えど、体は違えど、みんなで同じような体験をしているんだなと思う。

とてもありがたいなと思う。


素直に「ありがとう」と表現できないことも多々あって、

自分には感謝の気持ちってものがないのだろうかと思ったこともあったけれど、

今は自然とありがとうが湧いてくる。

うまく言葉にはできないけれど、

今何かとても大切なときを生きているような気がしている。

そしてそういう意識の人たちがもっといるんだなと感じられると勇気が湧く。

こんなことを誰かと一緒に体験できるとは思ってもみなかった。


今までは、有識者や有名人と呼ばれる、ある特定の人だけが発言の機会を得られていたけれど、

もうそういう時代ではないのだなと本当に感じる。

誰しもが大切なときを生きていて、何かを感じているわけで、

個の何らかの素直な発信というものは、貴重そのもの。

1人ひとりに価値があって、自分に価値を見出した1人ひとりの体験や感じたものは、なかなか勇気が出せない人に勇気を与えることになるのではと思う。


誰かを羨ましがっている場合ではない。

言いたいことを言う人を批判の目で見ている場合ではない。

洗練された表現でなくてもいい。

ただあなたの「それ」を大事にして出してみる。

間違いはないのだから。

もっともっとみんなで命を謳歌できたら。

太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic