I've Surrendered


Surrendering is not running away.

Surrendering is realizing and accepting.


In the past I have participated in a protest, but I didn't feel like participating this time.

Because I know that even though we stage a protest, even if we change the social system, nothing will fundamentally change as long as we have racism, victim mentality and violence inside of us.

So I feel that the global protest this time is also just a mirror of our dissatisfaction.

It wasn't because of racism.

It wasn't because of violence.

Everybody is dissatisfied about their everyday and life.

That's why I feel a sense of incongruity about what is going on.


I believe that not much will change this time too, as long as we blame on somebody or something.

Because it never changes that way.

I'm not being pessimistic.

I'm rather being optimistic.

Because many people will realize this time that as long as we keep reacting to what is happening in our society and to what we see on the news, what we want to end will not end; that we will keep living the rest of our lives being stuck in the loop.


After all, it is the very proof that we are completely stuck within the control system if we react with our fear, anger and anxiety to what we see in the TV news or social media.

But however the information is conveyed, it is impossible to be controlled by it without you giving permission to yourself to react to it.

Being controlled isn't a bad thing.

It is an important experience.

But I want to leave there soon.

Because freedom will never come by raising our fists.

I want to live as a big heart.

I want to live in a free and kind world.

When we loosen those fists, we will begin hearing the footsteps of freedom for the first time.

Because freedom is unconstrained.


Taiyo



諦めることは逃げることではない。

諦めることは気づくこと、受け入れること。


過去に僕自身、デモに参加したことはあったが、今回は参加する気になれなかった。

デモを起こしても、社会制度を変えても、自分の中の差別や被害者意識や暴力がなくならない限り根本的には何にも変わらないから。

だから今回の世界的デモもただの不満の爆発の現れだと感じている。

差別が原因ではない。

起こった暴力が原因ではない。

みんな日常に、人生に不満なのだ。

だから今回のことには何か違和感を感じる。


誰かを何かを責めている限り、僕は今回も何も変わらないと思っている。

変わるはずがないから。

別にネガティブになっているわけではない。

むしろポジティブに見ている。

きっと多くの人は今回で気づくはずだから。

社会で起こったことやニュースで見たことに反応し続ける限り、終わらせたいことは終わらないと。

ずっと自分でそのループにはまったまま残りの人生を生きていくことになるということを。


結局ニュースを見て、SNSを見て、恐怖や怒りや不安で反応したということは、自分がコントロールシステムに完全にはまっているという何よりの証拠。

でも情報がどんな伝え方がなされようとも、それに反応する許可を自分が出さない限り、コントロールされることは不可能なのだ。

コントロールされることが悪いのではない。

それも1つの大切な経験であるから。

でももうそこから抜けていきたい、と僕は思った。

自由は拳を突き上げることでは決して得られないから。

もっと大らかに生きたい。

自由でやさしい世界で生きたい。

その拳を緩めた時に、初めて自由の足音は聞こえて来るのではないか。

だって自由は広がっているものだから。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic