Earnestly Again Today


Around the time of the election, I always feel that it's 'noisy.'

Whether if they are true or not, so much different information goes around through various media.

I never try to watch news, but living with technology makes me touch that information anyway.

But because I react to that information, I feel that I'm under the influence of it.

Actually it feels more appropriate to say that I put myself under the influence.

Because if you have a higher point of view, whatever happens, whatever turns out, you can understand that it's just a process.

Although I still hear the voice of my ego towards what happens: 'That's not good, this isn't right.'


I have no thought that I want to change the society by election.

I'd rather want to ask, 'Has it ever changed by election?'

From my point of view the society is more excited over who wins or loses rather than deciding who will administer the country, and it is a total mystery to me that people can entrust their lives depending on it.

It is a fighting game created by division.

Games are fun sometimes though.

But I always think that I don't want to get caught up in that air.


Even so I used to prioritize politics over myself, and there was a time when I was actively caught up in the motivation to change the society.

I think I was dissatisfied with myself.

Because I was dissatisfied with my life, I was seeing outside full of dissatisfaction.

I was immature.

But I've realized that a peaceful world only comes when myself become peaceful.

Therefore again, I enjoy and live art earnestly today.


Taiyo


選挙の時期になるといつも思うのは「騒がしいな」ということ。

選挙のためにあらゆるメディアを通してあることないこといろんな情報が飛び交う。

僕はニュースを見ようとはしないけれど、IT機器を使った生活をしているとそういった情報に触れる機会はある。

でもそれらに対して何かしら反応が出るということは、まだ自分がその影響下にあるんだなと感じる。

というよりも、自分でその影響下に自分を置いていると言った方がしっくりくるかな。

高い視点を持つと、何が起きても、何がどう転んでも、ただの過程にあることが理解できるから。

時折、起こったことに対して「あれはダメ、これはダメ」と、まだ自分の中のエゴの声が聞こえてきたりするけれど。


僕は選挙で社会を変えてやろうなどという考えはない。

というか、むしろ変わったことがあるだろうか?

国の行政を行う人を決めることよりも、世の中は勝った負けたに躍起になっているように見えるし、なぜ自分の人生をそれに委ねてしまえるのか不思議に思っている。

分離から生まれる戦いのゲーム。

ゲームも楽しかったりするけれど。

でも、いつもその空気に飲み込まれたくないなと思う。


こんな僕でも政治を自分より大事なものとして見ていたり、社会を変えることに積極的に飲み込まれた時期もあった。

自分自身に不満だったんだろう。

自分の生き方に不満だから、外が不満で溢れる。

まだまだ未熟だったなと思う。


でも穏やかな世界は、自分が穏やかになった時にしかやって来ないことがわかった。

だから今日も僕は真剣にアートを楽しむ、生きる。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic