A Long Vacation



I was drawing all the time when I was a child. I was always excited about the arts and craft class in elementary school.

Since I was drawing before I could remember, it seemed too natural for me to take an artistic path.


However when I started to watch TV and movies, I became interested in the outside world and it made me want to do something else.

Then I was striving between the last half of junior high to my mid 30's.

I forced myself to do something.

I tried to put myself in the society to do something.

For years and years.

A long long vacation.

I feel that way now.


After taking a detour, I'm grateful to meet my art within myself again.

But I kind of think that my greatest asset in this life was that I took a great time and strived.

Having that experience gives me a feeling of gratitude for being able to do it naturally.

I feel deep gratitude for my body as well.

I was able to experience a lot of things because I had this body.


What is it like to be something other than myself? I think that I was able to have that precious experience.

But I would like to tell people that there is an easier path.

Because it will be too late to realize how fun and carefree the unstriving life is right before you shed this body.

If you are free from striving, you will feel that your sight has immediately expanded.

But I will not stop the people who want to go forward on the path of asceticism.

Because freedom is more precious than anything.


I'm still walking on the path to be my natural self.

I would like to return to it more and more.

I'm excited to meet the perfectly clear and round myself again.


Taiyo



僕は子供のときにいつも絵を描いていました。

小学校でも図工の時間がいつも楽しみでした。

物心つく前から絵を描いていたので、アーティスティックな道に進むのは自然過ぎることのように思っていました。


しかしテレビや映画を見始めて、外への興味が出てきて、違うことやりたいと思うようになりました。

そして中学後半から30代半ば過ぎまで、かなり頑張って生きていたように思います。

無理して何かをやろうとしていた。

社会の中にはまって何かやろうとしていた。

何年も何年も。

長い長いお遊びの期間。

そんな感じ。


いろいろ遠回りして、今はまた自分の中のアートに再会できてうれしく思います。

ただ、今世で一番の財産は、そうやって時間をかけて頑張って無理したことかもと思うのです。

その経験があったから、自然にやれることへの感謝の気持ちが湧きます。

この体にも深く感謝を感じます。

この体があったからこそ体験できたことばかりでしたから。


自分ではないものになろうとすることは一体どういうことなのか?

そんなすごい体験ができたように思います。

ただ、みんなには頑張らない道もあるよと伝えたいと思います。

死ぬ間際になって、頑張らない世界の楽しさや気楽さを知っても遅いからです。

頑張ることから解放されたら、視界が一気に広がることが感じられると思います。

でも修行の道を進む人を無理に引き止めようとはしません。

自由が何より大切だからです。


僕はまだまだ自然な自分へ戻って行っている途中。

もっともっと戻って行きたいと思っています。

つるんとまん丸透明な自分と再会できる日が楽しみです。


太陽

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic