© Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic
Search
  • Taiyo

Looking at the Sky


I've been looking at the sky since last year.

I used to look at the sky often in my childhood, but I did not have many opportunities to do so when I left for big cities.

However, I started to feel that the sun has been brighter than before, and I've been observing the sky quite often now.

Morning, afternoon or night; sunny, cloudy or rainy. Just like anytime.

Since I began watching the sky I realized that I could see many stars in New York City.

I can easily find bright stars such as Betelgeuse, Rigel and Aldebaran.

I can find other stars when the air is clear.

I like looking up.

I feel at ease when I look up the sky probably because we are so conscious towards the information coming horizontally from screens and tend to trust that.

But especially when I look at the stars, I can feel that the earth only exists among enormous universe and our problems here are petty affairs.

And then I can naturally direct my consciousness to possibilities.

The sky tells us a lot of things.

I'm grateful for that.


Taiyo



去年あたりからよく空を見るようになった。

振り返れば子供の頃はよく空を見ていたけれど、都会に出てからは空を眺める機会がほとんどなくなった。

しかし、なんだか太陽が前より明るくなったのではないかと感じるようになり、今は空をよく観察している。

朝も、昼も、夜も、晴れでも曇りでも雨でもいつでも。

空をよく見始めるようになって、ニューヨークでもいろんな星が見られることに気づいた。

ベテルギウスやリゲル、アルデバランのような明るい星はすぐ見つけられる。

空気が澄んでいれば他にもたくさんの星が見える。

見上げるのは良いなと思う。

平行にあるスクリーンから流れてくる情報にばかり意識を持って行かれ、それを信じて生きがちだからか、見上げて空を眺めているとなぜかホッとする。

でも特に星なんか眺めていると、地球は本当に大きな宇宙の中にあるのがありありとわかるし、

ここでの問題はちっぽけだなと感じさせられる。

そして自然と可能性の方に意識が向く。

空はいろいろ気づかせてくれる。

ありがたいなと思う。


太陽


13 views