Search
  • Taiyo

Thank You



Filmmaker Nobuhiko Obayashi passed away on April 10, 2020.

I haven't written about it here yet, but I was one of the cast in his film "Hanagatami."

I felt like I went back to my youth while we were filming in summer 2016.


Mr. Obayashi was like a boy.

When I first met him, he was already in his late 70s, but his soul was young.

Even though he found out that he had stage-4 lung cancer right before the filming began, he was full of energy on the set.


When I remember Mr. Obayashi, I always remember his wife Kyoko and daughter Chigumi.

Since we spent a lot of time together while filming, I've been having an impression that the three of them are one.

When I meet them next time, the view must be different.

Although that young soul has never died.


His latest film's original opening day has become his anniversary day of death.

I thought that it was elegant.

There must be not many records of him discussing the new film.

He completely trusted the audience.

What an act to transcend the ego.

Elegant.


On the last filming day of "Hanagatami," I was, with a video camera, quietly filming from behind Mr. Obayashi, looking at the huge green screen outside as it was being taken down.

I did not want to disturb his conversation with himself.

I just wanted to record that moment.

Because the view in front of me was beautiful.

And I also understood 'I'm alright just like this' while looking at it.


In my life until then I had been told, 'You are too optimistic' and 'Why don't you compromise yourself more?', but because he was walking ahead of me, I was able to find the light to accept myself.

I understand the importance of living being connected with myself.

I hope I can allow somebody to feel that, or I am letting somebody feel that now...


Taiyo


2020年4月10日、映画作家・大林宣彦さんが亡くなった。

このブログではまだ書いていなかったが、僕は彼の『花筐』という映画に出演している。

撮影した2016年の夏は青春させてもらった。


大林さんは、少年のような人だった。

僕が初めて彼に会ったときは、もう彼も70代後半になっていたけれど、魂が若々しかった。

映画撮影直前に末期ガンを宣告されても、現場ではエネルギーに満ち満ちていた。


大林さんを思い出すと、いつもご夫人の恭子さんと娘さんの千茱萸さんを思い出す。

共に撮影中に濃密な時間を過ごしたからか、3人で1つという印象がずっと残っている。

次会えるときは景色が違うんだろうな。

あの若々しい魂は決して死んではいないけれど。


新作映画の公開予定日が彼の命日になった。

なんだかとても、きれいだな、と思った。

新作映画について語った記録などもそれほど多くはないはず。

観客に完全に任せている。

なんとエゴを超越した行為だろう。

きれいだ。


『花筐』撮影の最終日、野外の巨大なグリーンバックが取り下げられている様子をじっと見つめる大林さんを、僕は後ろからカメラを持って静かに撮っていた。

自分と語り合っているようなその背中に声を掛けたくなかった。

ただそれを残しておきたかった。

きれいな景色だったから。

そしてそのとき「ああ、僕もこれで良いのだ」と、とても腑に落ちた気持ちにもなった。


僕は「甘い」とか「もう少し妥協したら?」とか、それまでの人生で言われてきたけれど、

彼が先を行ってくれていたおかげで、自分のことを認める光を探すことができた。

自分と繋がって生きることの大切さを感じられた。

僕も誰かにそんなことを感じさせられたら。

今、感じさせていられたら。。。


ちょっと長くなりました。


太陽

0 views

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic