© Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic
Search
  • Taiyo

Someone I Know Died



Someone I’ve known passed away about a week ago.

I was meeting him every three months or so to feel his compassionate and supportive energy. He was like a shrine for me.


I was not sad when I got a phone call about his death because I’ve already let go my preconception that death is bad, death is sad when someone dies, you need to react a certain way etc...

I can still feel him whenever I want to actually.

I liked him a lot.

So instead being sad I was like 'Thank you.'

I never thought he would live forever but had some comfort as long as he is here, I'll be fine. But then he removed his body much earlier than I thought. It happened suddenly.

There is a thing I've been telling myself these days; it's time for me to get my power back to myself now.

Even without him I can live. Even without him I should be fine and can have fun here.


Taiyo


知人が1週間ほど前に亡くなった。

その優しく支えてくれるエネルギーに触れに、3ヶ月に1回くらいのペースで会っていた人だった。

彼は僕にとって神社のようだった。


彼の死の知らせを電話で受けたとき悲しさは感じなかった。もう死は良くないこと、悲しいこと、誰かが死んだらこんな反応をしなくてはいけない、というような先入観は外していたから。

彼のことは今でもいつでも感じられる。

大好きな人だった。

だから悲しむ代りに「ありがとう」の気持ちが溢れた。


彼もいつかは死ぬことは承知していたが、彼がいさえすれば僕は大丈夫というような感覚があった。

でも思っていたよりもずっと早くに彼は肉体を脱いだ。突然のことだった。

ここのところ自分自身にずっと言っていることがある。それは今が自分に力を取り戻すときだということ。

亡くなった彼なしでも僕は生きていける。彼がいなくても僕は元気でこの世界を楽しめるんだって。


太陽

11 views