Search
  • Taiyo

Realizing Our Arrogance


Tears came out while I was watching a video that was filmed 7 years ago.

It was an interview with an 18 year old guy living homeless in the streets of Hollywood.

He became homeless when he was 7 years old, and since then has been wandering from place to place.

He got out of a lot of restrictions and had been flowing around alone since that age.

He didn't even talk about painful feelings or difficulties in life.

The vibrations of his voice were comfortable.

His view of life is weightless.

He has a matter-of-fact attitude towards living.

I was impressed by his words, "On the streets, you don't wish for things. You just wait for them to happen. Because you can not control really anything."

He knows the world that can only be seen without the obsessions we have.

While we have been drawn into society and chased by work and time, how valuable the experience he's had without having home or family, or going to school.


The reason why my tears came out while I was watching was that I was able to notice the prejudice I had within.

The prejudice that being homeless is a sad, miserable or the worst thing.

However, what I felt from this guy was the freedom and expanse we don't know.

As if the earth is the stage of his adventure.

You can go anywhere if you believe that you can.


He might look like a pathetic existence that has to be saved if you have that prejudice.

But when you watch him, you can see clearly that he is not inferior to anybody as an individual.

Because he has ultimate power like the rest of us.

I am so grateful when somebody experiences something first and then tells that it wasn't what we think.

Because of him, what I had been thinking of as the worst has turned un-worst.

The prejudice that somebody is unfortunate, pathetic and has to be saved.

I was able to realize that I had that arrogance.


Taiyo



とある7年前の映像を見て涙が出てきた。

ハリウッドの街でホームレスをしていた18歳の青年にインタビューしたものだった。

彼は7歳で1人でホームレスになって、アメリカ中を渡り歩いていたという。

あらゆる制限から抜け、その若さで1人で流れて生きていた。

別に彼は苦しい思いや人生の難しさを語っているわけでもない。

その声の振動が心地良かった。

人生というものに重さがないのだ。

ただ淡々と生きている。

「路上では何も願わない。何かが起こるのを待つだけ。何もコントロールできないから」という彼の達観した言葉が印象的だった。

我々が持つ執着から外れているからこそ見られる世界を彼は知っている。

私たちが社会に没頭し、仕事や時間に追われ生きている間に、家や家族を持たず、学校にも行かず、彼はどんなに貴重な経験をしてきたのだろう。


なぜ僕がその映像を見て涙が出たのかというと、自分の中にある思い込みに気づいたから。

ホームレスになることは、住まいがないということは、悲しいことである、惨めなことである、最悪なことであるという思い込み。

しかし、その青年から感じられたのは、私たちの知らない自由と広がり。

まるで地球が冒険の舞台であるかのよう。

行こうと思えばどこへでも行ける。


思い込みがあれば、彼は可哀想な、助けられるべき存在に見えるかもしれない。

しかし彼を見ていると、個として誰にも劣っていないことがありありとわかる。

皆と同じように完全なる力のある存在だから。

誰かが先に体験してくれて、思っていたような経験ではなかったと伝えてくれることは、本当にありがたいことだなと思う。

自分にとって最悪だと思い込んでいたことが、彼のおかげで最悪ではなくなった。

誰かが自分より不幸で、可哀想な、助けられるべき存在であるという思い込み。

それを持った自分の傲慢さに気がつけた。


太陽


0 views

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic