Search
  • Taiyo

Media Detoxing


I've been doing media detoxing for about a year.

It is basically reducing the amount of time seeing News on TV, reading newspaper and internet articles, and watching TV dramas and movies.

My experience of trying that is, because I reduce my time getting in touch with struggles and anxiety and senses of value that don't fit me, my heart has been more in peace.

For instance, when you see the news on TV and internet, you notice that the information that attracts people is expressed in a very sensational way in order to attract people.

In the Corona case, mainly how many people have been infected, how many died, the hospitals are in panic, the images of deserted cities and the careless solutions of the government is the information the media covers.

I feel really 'fearful' about the world that is created by preconceptions, although I don't want to express that way.

In my regular walk route, there is a small square where I see homeless people hanging out.

They seem to be taking it easy there everyday on the benches outside.

People that are always there are still always there.

That is my truth more than anything else. That is my journalism about this incident.

Because you know, you could die by hitting your head on the bathroom floor tomorrow, you could get in a car accident, you could not wake up in the morning even if you fall asleep normally.

If we have that in mind, I feel that we can be kind to ourselves, other people and the earth.

So I am not afraid and keep cool.

If you want to experience fear, then you can experience it.

But I wanted to show that there are other options and one of them is media detoxing, because we've chosen this life ourselves and there must be people who wish to live peacefully.

When you don't touch information from outside, over time you will start to remember a lot of things.

Right, you can remember.

If there is someone out there who is uncomfortable living in a commotion, trying it may help.

We become more conscious about what information we want to get in touch with.

Well, how would we want to live?

I see the things I want to see anyways, so be chill.


Taiyo


僕はここ1年くらいメディアデトックスをやっています。

基本的にテレビのニュース、新聞やネットの記事、テレビドラマや映画に触れる時間を極力減らすということです。

それをやってみた率直な感想は、葛藤や不安、しっくり来ない価値観に触れる機会が減るので、心が乱されることが少なくなりました。

例えば今のテレビやネットのニュースを見てみると、人の興味を惹く情報が、センセーショナルな表現方法で流れきていることがわかります。

コロナを例にお話ししてみると、感染者数、死者数、病院がてんてこ舞いであること、ゴーストタウン化した街の様子、雑な政府対応が主にメディアから流れてくる情報です。

思い込みによって作られる世界は本当に、こういう言い方はあまりしたくないけれど、「恐ろしい」と感じるのです。

僕の散歩経路に小さな区角があるのですが、そこはいつもホームレスの人が団欒しているんです。

彼らは野外のそこのベンチで毎日のんびりしている。

いつもいる人が、いつもずっとそこにいる。

あれが何よりの、僕にとっての真実だと思うのです。今回の1件の僕なりのジャーナリズムなのです。

なぜなら、明日バスルームで転んで頭打って死ぬかもしれない、交通事故に遭うかもしれない、普通に夜寝ても朝起きないかもしれない。

そういう意識だったら自分にも人にも地球にも優しくてなれるのではと思っています。

だから、焦らない、怖がらない。

恐怖を体験したければそれを体験できます。

ただ僕は、わざわざ選んだ大切な人生ですからね、なるべく安心して楽しく生きたいと願う人もいるはずですから、他にも選択肢がありますよ、メディアデトックスは1つの方法ですよと、紹介したいと思いました。

外からの情報に触れない時間が増えれば増えるほどにいろいろ思い出していきますよ。

そう、思い出すんです。

もし、ザワザワしながら生きるの嫌だなと感じている人がいれば、一度試してみると良いかもしれません。

もっと伝わって来る情報ってやつに意識的になると思います。

さて、どのように生きたいですかね。

僕は見たいものがあれば見ますので、気楽に。

太陽

0 views

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic