Search
  • Taiyo

Born Again


We touch a lot of information nowadays.

And not to be shaken when I touch these information, I try to have more time to look into myself.

How do I want to live from now?

What kind of myself do I want to be?

What now do I want to create?

To feel those things.

So in a sense having the time like this now is like a treasure.

Because it's impossible to have this kind of time while you are just being chased by what you should do and time.

So I'm really thankful for this.


While having some time to look into myself I received an idea not to fit myself in a category .

In my case, I have never felt comfortable having a title on me since I was born.

Honestly I don't feel so comfortable putting 'artist' on me either.

'Paper artist', because I often use paper to make my art, is out of the question.

If you have a title in your consciousness, you unconsciously restrict yourself.

It's something like, because I'm an artist I have to do something artist-like.

So I feel like I can just take all the titles out of me.

And create the state that I can just be me.

Therefore whatever I freely do, I can stay being myself.

I can stay being in the state of not having a frame of 'because I'm this I can only do this.'


The world until now required us to have titles.

We needed to put some color on ourselves to be noticed.

But I believe that people want to be free from those things.

The world can be kind enough for the people who are free from those things.

We had no color or title when we were born.

It may be fun to have an experience of being born again.

Reborn.


Now I feel like I've found my new experimental project;)


Taiyo



今は様々な情報が飛び交っている。

それらに触れて自分がブれてしまわないように、僕はこの所自分を見つめる時間を増やしている。

自分は一体どんな風に生きていきたいのか。

どんな自分でいたいのか。

どんな今を作りたいのか。

そういったことを感じてみる。

だから今のこの時間が、ある意味宝物だなと思っている。

ただただやるべきことや時間に追われている状態ではこんな時間は持てないから。

本当にありがたい。


そんな中で出てきたのは、もう自分を枠に収めなくて良いのでは、ということ。

僕の場合は、肩書きというものに、生まれてから一度もしっくり来たことがない。

だから正直「アーティスト」だってしっくり来てない。

紙を作品に使うという理由だけで「ペーパーアーティスト」とかは論外。

意識の中に肩書きを置いておくと、無意識に自分に制限をかけてしまう。

アーティストだからアーティストっぽいことをやらなくてはけない、みたいに。

でももう一切の肩書きを取っても良いのではと感じている。

ただただ自分でいる状態を作る。

そうすれば、自由に何をやっても自分でいられる。

自分はこれだからこれしかやってはいけない、と枠を設けない状態でいられる。


今までの世の中は肩書きが必要だった。

気づいてもらうために自分に色付けが必要だった。

しかしもうみんなそんなものからも自由になって生きたいのではないか。

それから自由になっている人が自由に生きられる世であってもいい。

生まれて来たときはみんな色も肩書きも何もなかった。

また生まれてみても良いのかなと思っている。

再生。


僕の実験プロジェクトがまた見つかったみたいだ。


太陽

13 views

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic