Search
  • Taiyo

An Impossible Memory


I watched my very first movie of this year this week.

It was Nobuhiko Ōbayashi's last film "Labyrinth of Cinema."

The film shows the history of Japanese cinema and wars from a point of view of the universe.

The lead characters time-slip to different wartimes as the people who were living in those times.

It was very convincing.

Because I feel that I've experienced many lives.

I was actually that person and this person, living in that era and this era and experiencing what I was supposed to experience.

Then I'm here now eventually.


I had a strange feeling while I was filming "Hanagatami."

Because I had a feeling that I was fulfilling a regret that I'd been carrying before being born in this life.

It wasn't about making a movie, but carrying out my will even during a wartime.

To discover freedom whatever circumstance you are in.

I have a memory that I was looking at myself acting from the air above while filming a scene.

A memory that I'm not supposed to have.

An impossible memory.

What was that?


My lives that weren't able to live free for some reason.

That is why I cherish now.

I feel gratitude towards being here just like this now.

I want to pay attention to each choice I make each second.

Because now I feel I don't have to redo my life again.

I was able to experience 'can't' many times by redoing lives.

But now I really feel that I can be who I truly want to be.

I want to live my true self.

Whatever happens from now.



今週、実に今年初めて映画を観た。

大林宣彦監督の遺作となった『海辺の映画館 キネマの玉手箱』だ。

宇宙視点で日本の映画や戦争の歴史を見ていく映画だった。

主人公たちがいろんな戦時下にタイムスリップし、その時代に生きていた人として戦争を体験する。

何だかとても腑に落ちた。

僕も何度も何度も人生をやり直してきているような気がしているから。

僕は実はあの人でこの人で、あの時代やこの時代に生きて、体験すべきことを体験したような。

そして今にいるような気がしている。


『花筐』という映画を撮影していたときも、不思議な気持ちだった。

生まれる前に作った未練のようなものを解消している感覚があったから。

映画作りと言うよりは、戦時中でも自分を貫くこと。

どんな状況でも自由を見出すこと。

撮影中にシーンを撮っているとき、空中から役を演じている自分を見下ろしていた記憶がある。

あるはずのない記憶。

あることが不可能な記憶。

あれは何だったのだろう?


何らかの理由で自由に生きられなかったたくさんの僕の人生。

だから今が愛おしい。

ここでこうしていることにありがたさを感じる。

一瞬一瞬の選択を大事にしたいと思っている。

もうやり直す必要はないと感じているから。

何度も人生を繰り返してきて、やれないがたくさん体験できた。

でも今なら本当にいたい自分でいられそうな気がする。

本当の自分を生きたいと思う。

これから先何があっても。


太陽

0 views

 © Taiyo Okamoto / taiokamoto@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Instagram Classic